FC2ブログ

ユニバーサルデザイン啓発セミナー

明石高専の大塚先生を講師に、
ゲストには、昨年盛り上がったパラリンピック卓球代表、
明石在住の別所キミヱさんが登場しました。


別所さんは両脚が不自由で車椅子生活。
パラの貴重な写真をスライドで流しながら、

 ・ロンドンの石畳は車椅子には辛い
 ・海外のお風呂やトイレは小さくて使いずらい
 ・手すりが少ない

などなど、当事者目線でのお話をしてくださいました。
点字ブロックや音の出る信号も海外の多くではまだまだ珍しく、
(国民性はあれ…)日本ほど住みやすいところはないとのこと。



設備面以外では・・・

特に今回会場となったロンドンでは、
オリンピック・パラリンピックの差を感じなかったそう。
大会のロゴが統一されていたこともその一つ。
どの試合も 『国全体で盛り上げよう!』 という雰囲気を感じたそうです。

『困っている人にサっと手を差し出すのが当たり前の空気。
その”さりげなさ”が嬉しかった。』 とお話されていました。



一方、日本では、
ロゴは別、さらに管轄する省まで違い予算の差が大きいとのこと。
(オリンピックは文部科学省、パラリンピックは厚生労働省)
テレビでの取り上げ方にも差がありますよね。

日常でも、いろいろ気をまわしたりして
サっと動けなかったり一言が言えなかったり、ありますよね・・・



ユニバーサルデザイン(ユニバーサル社会)
 = 『自分も含めたすべての人にとって”よりよい社会”を築くこと』

高齢者、障害者、・・・限定することなく、
『共に生きることを分かち合うこと』




建物や設備を整えるだけではありません。
さまざまな人・出来事にふれあうことが第一歩になると思います。

別所さんのお話を聴いて感じることもそう。


『大病を患い多くの人の支えをいただいた。
マイナスからのスタート、前に進むしかない。
生かされた命を大切に一生懸命がんばりたい。』

この思いこそ別所さんの強さの源。
キラキラした方のお話を聴くと元気をもらいますね。



個性豊かなメンバーが集うぽっち。
過ごし方も表現の仕方も独創的。

ぽっちも何かのきっかけになれたらと思います。






1月14日(日)13:30~@明石市生涯学習センター











































スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

meioukaipochi

Author:meioukaipochi
社会福祉法人明桜会
すたじおぽっち で-す。
電話・FAX:078-220-7790
明石市魚住町金ヶ崎704-6

カテゴリ
リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR