FC2ブログ

ぽっち meets ・・・ ③




さてさて、

宮内一晃さん

最近、ブログで良く名前出しておりますが

どういう方であり

また、

どうやってぽっちと出会ったのか・・・。

そして、空の鶴ヌーボーでの

ぽっちと宮内さんの作品展示へとどのように繋がったのか。

いい加減、説明しないといけませんね・・・。


という事で、今回はかなり文字数多めでお送りいたします。

お付き合い下さい。




先日の空の鶴ヌーボー当日

宮内さんはお仕事で泣く泣く欠席されたんですが

その際に、

一通の手紙をぽっち宛に送って下さいました。

以下、全文掲載↓


**************************************************

拝啓

私は宮内一晃 (みやうち かずてる)といいます。
西明石在住。35歳。芸術活動だけでは生活していけない現実にやっと気づき始めました(笑)。この現実にどのように対処して表現活動を継続させるべきかを考えながらオリジナリティを追求しています。

今日はどうしても仕事を休めませんでした。勝手ながら皆様と同じ時間を過ごせないのが本当に残念です。魅力的な人たちと、旨いお酒に料理は最高の組み合わせ。これを読んでいる人が羨ましいです。

ぼくは西海酒造さんの「空の鶴」を好きになったのがきっかけで、すたじおポッチも好きなりました。去年の年末、うわさで旨い酒が魚住にあると聞き西海酒造さんへ。「空の鶴」は大変おいしく、試飲で昼間からほろ酔い気分に。千鳥足で帰宅しようとすると偶然、あやしい書体で「アート」というサインを発見。自然と吸い込まれるようにギャラリーに入ると、そこにはまったく予想もしていなかった素晴らしい作品がドカドカドカ~ズラーーーーッ。ミラクルでした。あの日はクリスマスイブだったのでサンタさんからの久し振りのプレセント(出会い)を頂いたようでした。

僕はぽっちの作品がどタイプです。迷いがない素直な描線。混じりけのないな色たち。結果などを恐れない姿勢に激しく感動し、大きな衝撃を受けました。個性の塊です。そしてぽっちスタッフもこれがまた、どタイプ。実に気取りがなく、打ち解けやすく、よりよい制作環境を利用者さんに提供しようとするその姿に感銘を受けました。ここでやはり素晴らしいのは人間とアートそのもののが存在しているということです。すごく根本的で当たり前なことですが、人間には喜怒哀楽や考えを表現できる力があり、しかもそれを共有できます。それは人間のすばらしさであり、僕にとって非常に美しいことです。僕はそういう人間が大好きです。人間好きの自分におそらくぽっちスタッフは察して、僕を「空の鶴ヌーボ」に誘ってくれたのだと推測しています。

今回、僕はその人間である喜びと、今回の出会いに感謝する気持ちを作品のテーマの土台として参加させて頂きました。まず、大きな一升瓶で皆さんの作品を包み、繋げました。いくつかの作品は利用者さんが展示したい場所を自ら選び、そこに作品を飾って頂きました。大変興味深い展示表現を確認できると思います。奥の部屋にはすたじおポッチにある物だけを材料として僕がインスタレーションを設置しました。そして、更にその奥にはH・Sさんの作品「ドーナツ」を主な材料として、別のインスタレーションを制作しました。

今回はアート好きが効を奏して、このように利用者さん、ぽっちスタッフと僕が合作できたことを大変うれしく思っております。様々な「音程」で表現された作品が持つ独特なハーモニーを楽しんで頂ければと願っております。

今に乾杯!

敬具

宮内一晃

**************************************************



宮内さんは

長年、海外(カナダ)で芸術を学ばれ

七年前に帰国。

西明石で仕事をしながら

作品制作を続けられておりました。

そんな宮内さん

良く行くBARのマスターが酒蔵巡りが好きな方で

去年の年末に偶然「西海酒造」のことを教えてもらったそう。

すぐに、宮内さんは西海酒造へ。



ぽっちはその時、

開所以来ほぼ手付かずだった

「ショップとギャラリーを動かしてみよう」と言うことになり

偶然にも期間限定オープンしておりました。


そして、宮内さんの手紙にもあるように

運命の出会いを果たしました。


お互いに興奮していたとは思いますが

ぽっちスタッフは

直感的に

「イイ匂いがする人だ!!」

と思っておりました。
(香水やら体臭とかの話ではないですよ・・・)


そして、空の鶴ヌーボーの企画を考えていた時期でもあったので

すぐにご本人宛にオファーのメールを。


そこからは、トントン拍子に話が進み・・・

ぽっちのメンバー達と一緒に何日も過ごして頂いたり

展示のプランを一緒に考えたり

打ち合わせと称して

仕事終わりに朝まで西明石で呑んだり・・・。



誰かの言葉で

「偶然は必然」

なんて言葉がありますが

本当に必然的な

出会いだったと思っております。



西海酒造さんの隣にぽっちがなかったら・・・
西海酒造さんの隣にぽっちがあったからこそ。

空の鶴というお酒がなかったら・・・
空の鶴というお酒があったからこそ。

宮内さんがBARに行かなかったら・・・
宮内さんがBARに行ったからこそ。

ぽっちがショップとギャラリーを開けていなかったら・・・
ぽっちがショップとギャラリーを開けていたからこそ。

空の鶴ヌーボーというイベントを企画していなかったなら・・・
空の鶴ヌーボーというイベントを企画していたからこそ。




様々な必然が積み重なって

偶然を装った

必然的な出会いなどに繋がっているのだとしたら

一秒

一瞬が

とても大事に思えてきます。



常に心を動かして

外に向いて開いていること。



一瞬の

大事な何かを

見落とさないために。






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

すご~い!!そんな出会い、なんか感動ですね。
私も最近、更に人とのつながりや縁を感じます。不思議な出会いがあります。
空の鶴ヌーボー、ありがとうございました。めちゃくちゃ楽しくておいしかったです!!いろんな方と楽しい時間を過ごすことができました☆

No title

これからも
よ・ろ・し・く・ね
プロフィール

meioukaipochi

Author:meioukaipochi
社会福祉法人明桜会
すたじおぽっち で-す。
電話・FAX:078-220-7790
明石市魚住町金ヶ崎704-6

カテゴリ
リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR