FC2ブログ

Jさん 進捗状況

ひとまわり大きな紙に挑戦中~。
こちらも『お花』

半分いったよ!

DSCN5938.jpg 現在、3ヶ月経過。

ぽっちで唯一、ご本人の気持ちを無視して強引に参加を勧めた方。
1日目、無理やり連れてこさされ、
『ここへは来たくありません』 『絵は苦手です』
と涙ながらに筆談で訴えられたこと、忘れられません…。

通所できる生活リズムを整えるため、だったんです。

半年ほどは主に、雑誌を読んだりネイルしたり、外出したり…
Jさんがどう過ごしたいのか、一緒に考えました。
絵を描き始めたのは1年半たってからでした。

リズムも、ぽっちにも慣れ、周りの影響も受けて、
今では寝ながら描くほどの余裕まで。


入所施設で3年間、一緒に過ごしましたが、
そこでは見せてもらえなかった表情や言動に、今、驚いています。

『ここでなら、この人となら、何かしたい』
そう思える関係や環境をつくることが何より一番。

Jさんにはいろんなことに気づかせてもらいました。



Jさん


一番最後の公募展には出せるかな?

睡魔と闘いながらがんばっています!



スポンサーサイト



思いのたけ

現在、20名。1日平均6名の方が参加されてます。
平日フル参加は一人もいらっしゃいません。

みなさん、法人内の生活介護・就労B型事業所に通いながら、
月2回~週3回、創作活動をする場所として、
ぽっちを選んでこられています。

地活センターへの移行を目指していますが、
規定の『月5回以上利用』を満たすのは半数ほど。
移行するには、少ない方の利用頻度をあげないとやっていけません。

ただ、
今、来られている方それぞれの、ちょうどいいペースがあって。

必要なだけ利用してもらう、それでいいと思っています。


制度が変わってくれないものかと願っています。


************************************

明石にもいろんな事業所が増えました。
ほんの数年前には、どこの事業所も満員状態で、
学校卒業後の進路先がなく、危機せまった時期もありました。
今は毎年いくつか新しい事業(所)ができています。

少しずつ選べる時代がつくられてきています。


法律が変わり、
すでにどこかに所属されている方も、1日単位で、
複数の事業所を利用することができるようになりました。


でもやっぱり、
新たな事業所にはなかなか抵抗が強い・・・。
法人をこえてとなるとさらに・・・。
ご本人・ご家族はもちろん、事業所にとっても。

利用者数の増減は、経営にも関わってくるところ。
きっとむずかしいでしょうね。




ご本人にとって、生活の幅を広げるという視点で。
さまざまな事業(所)を利用して人生をコーディネートする、
みたいな感覚で。

今後、もっといろんなスタイルができたら。

ゆっくりと広まっていけば。



事業所同士の交流や刺激にもなると思います。
きっとおもしろくなると思います。











メンバー紹介 その⑤

メンズ3名、みなさんサポートセンター貴和(就労B)より、
月2回のペースで参加されています。



Sさんのおじぞうさん。
この笑顔、ご本人そっくりです。

おじぞうさん1おじぞうさん2

冬場に手が荒れて以来、粘土は休憩されています。
代わりに絵を。

佐藤さん絵

色鉛筆などお気に入りを持参して取り組まれています。
出かけるのもお好きで、よくお散歩もされます。
困っている人にはスっと手を差し伸べる、やさしいSさんです。





Hさん、『おかあさんといっしょ』が大好き。

すりかえすりかえ2

すりかえ質屋?・・・というキャラクターのようです。

本田さん1 メジャーに…

七つ道具 電卓…

いろんな道具を駆使して、マドリ?を描いているよう。
『これは○○おねえさんのお家!』と、
好きな人との夢のマイホームを設計しているのかもしれません。







Yさん、虫がお好き!?

よしださん

ホタルのような、蚊のような。
3つとも 『てんとうむし!』 のことです。
虫系は全部そうなるのかも・・・。

ライオン 『ライオン』


あつい 『あつい』

アジノモト ● ジノモト?


ポツリポツリ話される単語をたよりに。
今日は何を描くんだろう、とワクワクさせてくれます。





メンバー紹介 その④

Tさんといえば、刺繍(※クロスステッチ)。
そしてアイロンビーズ、なんです。
T2.png T3.png


刺繍は独自のデザインではありませんが、とにかくそのスピードがすごい!
いちいちマス目を数えたりしないんです。
チラっと見て、サクサク縫っちゃいます。


ビーズ


アイロンビーズもまた同じ。
付属の図案を暗記されていて同じものを大量生産。
ご自宅には、もう何百個と作りたまっているそうです。


お家では編み物もされるそうです。
刺繍や編み物、手芸の先生だったおばあさんから教わったとのこと。

Tさんのこの才能、おばあさんが引き出されたんですね。



************************************

20人20色。
同じ方でも、来るたびに違った色を見せてくれます。
こだわりなのか、ずーっと同じことをする方でも、
よくよく見ると微妙な移り変わりがあります。


やることも、時間の使い方もさまざま。

まだまだ自由にできないか、
頭を柔らかくして関わろうと思います。







メンバー紹介 その③

Aさん、普段は翔(就労B型)でバリバリお仕事されてます。
ぽっちへは月に2~3回参加。

謎の数字 

『560352535237550350075006560552555241550550115010』・・・

コレ、何の数字ですか? 
「電車」に関係するらしいのですが・・・
わかる方、ご一報を!

真冬でも窓を開けて、遠くに走るJRを見ながらの作業。
通り過ぎたあとに時計を見て「○時×分」と時間の確認。

他に、野球やボートなどの試合日程を書いたりされます。
お好きなようです。

普段持ち歩かれている連絡帳にも、
作業所での予定や報告などを毎日欠かさず記入。
連絡帳は、とても大事にされています。


こちらからお願いすると、

robo.png 

こんなのも描いてくださいますが気が進まないみたいで。
イベントのときだけ依頼してます。






続いてHさん。週1回参加。
だいたいいつも、半日はビーズや園芸、散歩などをして過ごされます。

創作気分になると絵や紙粘土などを。

紙粘土

気になった本を持ち出してページをめくりながら、
人・動物・植物・食べ物…などなど作られているようです。

猫のタンタン
こちらは絵本から。


高齢になり、物忘れも出てきたのか・・

描く最中は、「コレ!」と思っているようですが、
できあがってみると、
「あれぇ?これ何だったかな?」と笑い出すご本人。

はじめは鳥だったのが、何度も描き足され、
最後には女の子に生まれ変わっている・・・
みたいな七不思議もよくあります。


もう6●歳ですが、外出・ものづくり・お料理…
いろんなことに興味深深、好奇心旺盛。
その意欲に、こちらも刺激をもらってます。



メンバー紹介 その②

詩1

     『 あいをするしょうねん
        こいをなさる
       わたしはかいになる
        ゆれるしるし
       あいをするひとみ  』


週1回参加、Hさんのポエム。
なんでしょうね、この言い回しと味のある字。

動作の実にゆ~っくりな方で、
一文字に5分くらいかかっていることもあります。
この詩もたっぷりと一日かけてます。

費やされた時間も味わいとなって・・・。


なにかと気忙しい日々。
「ゆっくりいこっか。」 という気持ちにさせてくれます。






もう一人、字を書くのが好きなこれまたHさん。
週2回参加されています。

譜久山さん

当初、本や歌詞を見ながら書をされてました。
が、しかし・・・。
あれから3年、現在は全くされていません。

その代わりにコレ。

ブ 1

拡大!

ブ2

『ぐりん(グリーン)のずぼんを注文シテください』
『くりいむのがようしがいしずやさん』・・・

要望のメモ、びっしり。
書く言葉を連呼しながら自然と気持ちも乗ってきます。
好きなスタッフには、ニッコニコしながら手渡しされます。

今は、これを額に入れて飾るのがブームです。




メンバー紹介 その①

YさんとUさん、仲良しです。
ぽっちは週3回利用。
お二人とも毎回なにか作るわけではありません。

ブ

月に数回(年に数回!?)の創作スイッチが入るその時まで、
お話したり歌ったり、散歩やドライブ、園芸、宝探し感覚でゴミ拾い…
創作クラブ?と思うようなことをして、ひたすら楽しく過ごします。


そして、いざ、
↓ スイッチが入ったとき ↓

ブ吉川さん

ブ吉川さん2 好きな人たちの顔

3時間休憩なしでもへっちゃら。
目をキラキラギラギラさせて描くYさん。


そんなYさんにつられるように、Uさんも。

ブ内田さん1 これが・・・

ブ内田さん4 これに!

タイトルは、『お母さんの絵 ま~る描いてちょん!』
絵に語りかけながら描く様子に癒されます。



二人はライバル?

いい関係のようです。









プロフィール

meioukaipochi

Author:meioukaipochi
社会福祉法人明桜会
すたじおぽっち で-す。
電話・FAX:078-220-7790
明石市魚住町金ヶ崎704-6

カテゴリ
リンク
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR